WORKS

施工事例

【実家リフォーム】3世代で使えるセカンドハウス

玄関は移設してホールが広くなりました。玄関脇には便利なシューズクローク(手すりの向こう側)も新設。

築年数
70年
所在地
豊田市
お客様名
コープあいち Mさん

施工中

補強壁や金物で、しっかり耐震補強ができました。

施工後

和室2間を広いLDKに。天井の梁を見せることでさらに広々と。

清島建築士のアイデアでLDKの天井近くに新設した窓。明るく涼しい風が通り抜けます。

再利用した掘りごたつとトイレまでフラットに続く廊下

キッチン・お風呂・トイレはすべて取り換えました。

建具がどれも素敵!まだまだ現役で活躍してくれそうです。

お客様からのコメント

築70年の実家を、元気なうちに、子どもたちに負担をかけずに活かしたいと思っていました。

コープのリフォーム講座に参加して、命や家にとって大切なことを考えてくださると期待しお願いすることにしました。
まず「住まいの健康診断」を受けました。診断でわかったのは、耐震性と断熱性が低いこと。診断に続き清島建築士に設計をお願いし、減築や間取りのリフォームを相談していきました。

建築士と一緒にリフォームして良かったのは、バリアフリーにすること、耐震性や断熱性を高めることも専門的なアドバイスをいただけたこと。耐震では豊田市の補助を受け、しっかり補強ができ安心しました。

主人は「あるものを活かしたい」と希望。建具はきれいに張り替え、調整していただき、掘りごたつの机も再利用されています。天井の「梁を見せたい」の思いも、工夫して手間をかけていただき、天井が高く解放感のあるLDKになりました。
私が気に入っている場所は広くなった玄関ホール。廊下は車椅子でも充分移動できます。昔ながらの田の字型の家がすっかりきれいにまとまり、使いやすいセカンドハウスに生まれ変わりました。

リフォームの最新の施工事例

ABOUT

コープあいち・コープぎふ・コープみえのおすすめ